2010年03月30日

2010-03-30


鼻がイイカンジで出続けている。
でも、これは風邪だ。
きっと風邪だ。
なので、検査はまだいかない。

P1010944(変換後).jpg

自宅のピアノを調律中。
写真は調律師のOさんと、そのお弟子さんのKさん。
オーバーホールとは言わないけど、結構色々いじってもらった。

ピッチを合わせる作業だけではない。
ピアノは複雑な構造だし、繊細な部品達で成り立っているので、手術をするのには高度な技術と時間がかかる。
鍵盤の揺らぎ、ペダルの調整、ハンマーのあそび、金属音の除去・・等、構造的な問題はその場で改善されるけど、音色そのものは、熟成して出来上がっていくまで、それなりの年月がかかる。

調律師は、俺のイメージだと、F1の世界のメカニックとかデザイナー。
Oさんは植木職人と同じって言う。
邪魔な枝をバッサリ切り取り押さえつけることもあれば、そこから別の方向に枝を仕向けていくことも考えるらしい。
プレーヤーに支障を感じさせない範疇で、彼なりの仕向け作業をしたいってことだろう。

とにかく、調律師によって、音が大きく変わるのは事実。
出てくる音色が違えば、思い浮かぶフレーズも、創られるメロディも違ってくる。
そう考えると、ほんとに大きな存在です。

で、チューンナップしたピアノで自宅録音。
2つのテレビ番組から天気予報のバック(?)で流れる曲の発注があったので。
たぶんニュースの中かな?
(バタバタしてたし、詳細把握出来てない。とにかく言われるままに作業!)

一曲は「風色」から奇跡。
CDのモノを尺に合わせて、編集し直して、納品。
「Aメロの2回目のオクターブ高いメロから始まって、それを繰り返して、フワっとしたエンディングがついて、45秒くらいで終わるように」
というオーダーらしい。
オクターブ高い方のAメロの最後にはBメロにいくアーフタクトが必ず入ってるから、難しい注文じゃ!と思いつつ。
なんてこたない。出来るのである。
アーフタクトも綺麗に消えちゃうのである。
う〜ん。今更ながら便利になった。
テープの時代だったら大変である。切ったり、つないだり。
っていうか、そもそも録り直してるな。
ハートから生まれた音とはじゃっかん違ってくるけど、オファーに応える音もあっていいか、と。
純粋に「必殺仕事人してる」という喜びが無いわけじゃないし。
もう一曲は新曲。
2ヶ月前くらいだったかな?某番組のテーマ曲のコンペがあり、見事に落選した曲を、スタッフさんが気に入ってくれて今回復活した、みたいな経緯です。
完全に「BGM」として創ったので、今後CDに入れたりするつもりもなし。
ワタクシも職人に徹しましょう。

写真-3(変換後).jpg

自宅で、エンジニア作業をしてくれてる友野くん。
【未分類の最新記事】
この記事へのコメント
すっっごーーい。
ここまで専門的な調律は初めてみます。
それを解説する大さんの言葉は職人そのものですね・・
(あたりまえだけど・・)
かっこいいです。

大さん好みのピアノちゃんに成長してくれると良いですね。

それから、またTVで大さんの音が聴けるなんて嬉しいです♪
しばらくお天気コーナー、チェックしますが
詳細が分ったら是非告知してくださいね(*^^)v

今日は久々に晴れ上がったので鼻のほうも
反応してませんか??
意地張らずに早めに検査行って処方してもらえば
楽になりますよぉ〜〜
お大事に・・
Posted by まゆこ at 2010年03月30日 18:24
グランドピアノ調律はとても興味がありますが、なかなか近くで
見ることができないのでこの写真と解説は嬉しいです!
しかも、大さんご自宅の愛用ピアノ(^O^)
ありがとうございます。

先日、友人宅に用事がありお邪魔したのですが、ちょうどグランド
ピアノの調律が終盤に差し掛かっていたところでした。
雨が強い日だったので、最後の微調整にだいぶ時間がかかった
ようです。
調律後は、空気が澄んだようにきれいな音なので弾いていて
気持ちがいいですね〜♪

大さんの音楽がまたテレビで聴けるのは嬉しいです!
新曲も楽しみ。

風邪か花粉症かどちらにしても今以上ひどくならないように
お気をつけてくださいね。
Posted by みえ at 2010年03月30日 19:19
ピアノってやはり不思議、置いてある場所や季節によっても音が違って感じることがあります!当たり前のことかもしれないけど。
榊原さんのピアノはどのように仕上がっていくのでしょうね。大さんのピアノの名前は大ピアノ!?
真部さんのライブ楽しみにしていますね!
Posted by ライナス at 2010年03月30日 21:23
大さんのピアノ。愛情たっぷり受けてきた 深みのある音色なんでしょうね。
今までのお話からも 本当に大切にされてきたことが分かります。
いつか 大さんのピアノでアルバムの収録をして欲しいです。

大好きな 奇跡 がどんな風になるのか ちょっとドキドキしつつ楽しみです。
絶対に聴いてみたいので 詳細が分かりましたら教えてください。
Posted by yon_chan at 2010年03月31日 08:08
「奇跡」
は、初めて聞いた時から、目を閉じると、きれいな景色を映し出しながら、天気予報を報じてる映像が浮かんでました!
…て、失礼でしょうか?…すみません(>_<)

でも、すごくイメージピッタリで嬉しくなりました(-^〇^-)

また、その番組見れるようになったら、お知らせ下さいね!

ピアノの調律師さん…スゴイ憧れの職業です!

見ててもいいよって言ってくれはったら、ずっとずっとそのお仕事中を見ていたい。

植木職人さん…なるほど〜。でも、榊原さんの「F1のメカニックさん」もわかる!わかる!だな〜。
ちょっと、専門的で楽しいブログ、ありがとうございます(^w^)(←今更コメントしてすみません(>_<))
Posted by chaco at 2010年06月04日 01:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック