2014年03月02日

2014-03-02


昨日は、文京区にある文化シャッターホールという会場でコンサート。

自分としては、かな〜り久々だったピアノソロ。
すごく、やってよかったと思える本番だった。

DSC00145.JPG

元々、自分は緊張しぃだが、こればっかりはピアノの技術以前に超えなければならないハードル。
緊張という言葉だと簡単だけど、要は演奏中の心の持って行き方。
音楽に没頭出来る瞬間もあれば、気持ちのベクトルがアッパーになったり、ダウンしたり・・・と本番は生ものなので、精神状態が毎時変わる。どちらにも振れる。
その日、お客さんが体感してくれる空気を心地よいものしようとするのは、プロとして当たり前。
そのためにも出来るだけ冷静な場の支配力が必要だし、うわずってないどっしりと構えた精神状態でいつもいたいものです。

人前でパフォーマンスする仕事は、ある種の”思い上がり”がないと出来ないと思う。
充分すぎる練習と経験は、思い上がる自分に変えてくれる大事な要素だけど、なかなかコントロールするのが難しい。
そもそも、もういいっていうくらい精進しろや自分、っていう課題ありきの話しですが(汗)。
誤解を恐れずに言うなら、もしもそういう壁を乗り越える術として、精神世界的なものだったり、宗教的なものだったりを頼りにしてる表現者がいるとしたら、その気持ちは解らないでもない。
僕はそういうモノを根っこにおかずにやってるので、現実的に充分準備をする、深呼吸をする、とかシンプルなやり方が今のとこの対処法。

とてもありがたいですが、お客さんやスタッフから終演後、嬉しい言葉を沢山いただきました。
実はそれが一番、次への自信に繋がります。
他力本願な意味じゃなく。
あと自分が自分自身を判断してるものとは違うエネルギーをお客さんが感じてくれてる場合も多々あります。
5年前にソロをやった時の自分から見れば、今日の自分はちゃんと成長してるかもしれない。

というわけで、これから新譜制作の作業も佳境に入るし、思い上がってやっていこうと思います。


オリジナル、カバー取り混ぜつつ、昨日のプログラム。


1部
Time-Line
11月のある日
ソナチネ
ファイトメインテーマ
トルコマーチ
明日を信じて&ふるさと(本郷小学校合唱団とコラボレーション)

2部
主よ人の望みの喜びよ(関口台町小学校吹奏楽団とコラボレーション)
7anies
Fon-Fon
カラミテス
Cherokee


ec Love walked in

【未分類の最新記事】
この記事へのコメント
昨日のコンサートにはこんなにも大さんの思いが詰め込まれていたのですね。
その思いが全部伝わってきた、素晴らしいコンサートでした。

大さんの緊張がとても感じられました。
それを感じて私も緊張したけど、
大さんの指から奏でられる優しい音でふわーっとほぐれていき、熱い演奏にどんどんのめり込んでいきました。

そしてMCでは和み笑いもでましたね。

当日聴くまで、こんなに大それたコンサートだとは思っていなかったので、驚きもありましたが、大さんの偉大さを心から感じたひと時でした。

普段大さんのコンサートではお見かけしないようなお客さんがたくさんいらしてて、その方たちにも大さんの素晴らしいところをたくさん見ていただけたのもとても嬉しかったです。

素晴らしい時間をありがとうございました。
Posted by まゆこ at 2014年03月02日 16:50
お疲れ様でした。そして素敵な時間をありがとうございました!
久し振りのソロコンサートは多彩なプログラムで大さんのピアノに
グイグイ引き込まれました(^^)
小学生、アマチュアオケとの共演も良かったですね。
私の前に座っていた小学生男子は大さんの演奏ににココロ奪われてましたよ(笑)
私も小学生の時に大さんのような素敵なピアニストに出逢っていればもっとピアノが楽しく上手く弾けたのかな・・・なんて思いましたが、今でこそレッスンを続けていられるのは大さんに出逢えたからと思っています(^^)
たまにはこのような新規顧客獲得的な(笑)コンサートもいいですね♪
Posted by みえ at 2014年03月03日 01:51
ピアノソロ伺えなくて残念でした(涙)
19日熱きピアソラ!心待ちしています!
お気をつけていらしてくださいね。
楽しみにしています♪
Posted by Hiro at 2014年03月17日 00:34
思い上がり…welcome♪
その思い上がった音色や世界観が聞きたくて、ライブやCDにカブリつくんです(笑)
Posted by 茶子 at 2014年03月19日 01:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック