2014年01月01日

2014-01-01

メルマガでも(明日配信?)ツイッターでもフェイスブックでも挨拶させていただきましたが、こちらでも。

新年あけましておめでとうございます。
昨年は、本当にありがとうございました。

写真 5.JPG

31日〜元旦のカウントダウンライブは、もちろんお客さんとカウントダウンするはずだったのに、段取りがワラワラになり、前代未聞!!のまさかの0時超え。
0時の時点でのステージ上の曲は今井美樹/Piece Of My Wish。。。。なんでやねん!
「どうしてもっと自分に〜素直に生きれないの〜」と、サビが高らかに歌われてる中での年越しとなりました(笑)。(この曲好きだけどね)
会場のスタッフからは「もう間に合いません!」のバツサインは出るわ、気をきかせた一匹君がライブハウスの時計の針を無理矢理戻そうとしたけど電波時計で無理だったというオチ・・で、大爆笑の瞬間でした。
と〜しの始めのためし〜とて〜の「1月1日」という曲は演奏したけど、予定していた「第九」と「蛍の光」は演奏出来ず。
でも初笑いがステージ上で最高でした。

今年もいい音と空間を届けられるよう、頑張っていきたいと思います。
よろしくお願いします。

【未分類の最新記事】

2013年12月31日

2013-12-30


さて。
2013年もあと1日。
今日のカウントダウンライブが最後の仕事納め。
うん?そして、仕事始めにもなるのか。

12月もほんと色々ありましたが、かいつまんでご報告。
また写真がFBとカブっちゃうけど。
時間が経つのってあっという間だな。
なんだかどれもだいぶ前のような気がします。

1-CIMG6992.JPG

郡山でNAOTOくんのディナーショーのサポート。
お客さんの食事が気になるが、自分たちはホテルのレストランで食事。

DSC07820(変換後).jpg

前回の記事にも書いた、姿月あさとさんのツアー。
初参加してくれた光田健一くん、一本茂樹くん。。。強力でした。
ツアー中は終始和やかなムードで仕事出来ました。

IMG_2264(変換後).jpg

21日に京都RAGで行われた是方博邦さんライブ。
本番ももちろん凄くエキサイティングだったんですが。
本番前に須藤満さんに連れられて行った近所の韓国料理屋さんがツボだった。
「こるもく」というお店です。チゲ鍋の1人前を適度な量で出してくれます。
あと他に、韓国料理系では大好きなチャプチェとか、須藤さんおすすめの蒸し豚とキムチとか、そんなの
食べました。食べログの点数が高くないのが不思議だ。個人的にRAGに行った際はおすすめします。

そして今月は、ともかく品川グローリアチャペルでのクリスマスコンサート。
沢山のご来場、ありがとうございました!!
この会場ではセレブ弦楽四重奏団とやる事が多かったんですが、今回はまたスペシャルなメンバーに参加してもらいました。皆、素晴らしいプレイでした。ポテンシャルのあるプレーヤーの本番時の集中力と感性って凄いと改めて思う。1夜かぎりのプログラムですが、なんかこれだけで終わるのもったいないなぁと思ってしまった。

IMG_4220(変換後).jpg

本番前の楽屋。

IMG_4392(変換後).jpg

演奏中。

プログラムは以下。
1は自分が過去に聴いたことのある賛美歌の中で1番好きな曲。(そんなに数多く知らないんだけど)
2はディズニーからのカバー。
3はセザール・カマルゴ・マリアノの大好きな曲を今回の編成用にアレンジしてみた。
7は今年やらせていただいた映画「あいときぼうのまち」のテーマ曲。オープニングで使われてる坂本龍一さんの
「千のナイフ」とメドレーで。
8はチャイコフスキーの四季という曲集から12月「クリスマス」という曲をアレンジしました。
10のクリスマスメドレーは何曲入ってたんだっけな。とにかく一杯(笑)。真部くんがアレンジしてくれました。
アンケートとかでなんとなく好評だったのは、オリジナルの蜜かな。今回の編成ならではのアレンジが、うまくハマったような気がします。

1 God rest ye merry gentlemen
2 Be Our Guest
3 Cristal
4 理想の彼方
5 風の行方
6 蜜
7 千のナイフ〜あいときぼうのまち
8 12月〜クリスマス〜
9 アメージング・グレイス
10 クリスマスソングメドレー
11 El Do-ra-do
12 アンカー

EC1 Promising sign
EC2 ヘイル・ホーリー・クイーン

今年のアンコールは神父とシスターで合唱。
自虐だが、自分のあまりの似合わなさがウケる。
島岡智子ちゃんの神父姿にメンバー全員、萌えたのは言うまでもない(あほ)。

IMG_4497(変換後).jpg
IMG_4515(変換後).jpg


というわけで、今年も色々な場所で、応援ありがとうございました!!
よいお年をお迎えください。
新年の挨拶はメルマガにてする予定どえす。

2013年11月29日

2013-11-29


またまた一ヶ月以上ぶりの更新。

11月もライブや書き・・など、色々バタバタしてました。
まだ続いてますが。
目下、クリスマスコンサートの準備もアセアセです。

写真は、あまり撮ってないので、これといってないんだけど、古武道のコンサートに遊びに行った写真はこれ。
とっても感動したコンサートでした。

DSC_1602(変換後).jpg

ビブラフォンの山崎ふみ子ちゃんのツアーもありました。

IMG_2219(変換後).jpg

そのツアー中に楽屋で見つけた椅子。
座る部分はちょっと趣味ではないが、枠が本物の木だったのがツボ。
こういう椅子を家に欲しくなって探し中。

image(変換後).jpg

そして、来週から始まる姿月あさとさんのツアー。
今回もアレンジとかさせていただいてます。
譜面から予想以上の音を出してくれてるメンバーに感謝。大石真理恵ちゃん(per)、一本茂樹(bs)くんはもちろんサスガ。

写真 1(変換後).jpg

今回の真理恵ちゃんのセット。

IMG_2250(変換後).jpg

そして今回は2台鍵盤の布陣でkey&choは強者、光田の健ちゃん。

IMG_2251(変換後).jpg

鍵盤はもちろんのこと、歌手でもある彼はコーラスもバッチリなので、ほんと嬉しくなってしまう。
健ちゃんは、キーボードばりばりにやってると思ってたのに、(ってもちろんやってるんだけど)最近は生ピアノが多いみたいで、なんだかkeyに徹してもらうのが恐縮だったんだけど、楽しんでやってくれてます。
さすが職人。ほんと巧みです。
つまり、俺は何もせず、譜面配ったら、あとは現場でダジャレに専念してるだけという感じです。
いいんかいな・・・(汗)。

というわけで、皆さんプロいんだけど、なんというか、それをゴリ押ししないというか、主張しすぎないというか、サラっとやってのけるスマートさがある。
そこがステキング。

そんなこんなな近況ですが、年末まで頑張っていこうと思います。


2013年10月12日

2013-10-12

つづき。。。

このツアーでは、前乗りして初のKスタ宮城を訪れてスタッフの方々と楽天戦を観たり、楽しい時間だった。

8(変換後).jpg

石巻にある会場。音楽好きの調律師さんが持ってるホールで素敵な空間だった。

9(変換後).jpg

ここ数ヶ月で一番緊張していた仕事、朝日カルチャーセンターでの講義。
懇意にしている人から依頼されたというのもあり、思い切って引き受けたが、やって良かった。
地方からも大勢来てくれて感謝。これから自分がやりたい事や、やろうとしてるビジョンとリンクするとこもあったので、これも有意義でした。

10(変換後).jpg

そして、現在、瀬木貴将さんとツアー中。
毎日が慌ただしく、全然写真ないけど、各地のご飯を堪能しながら、楽しく回っております。
写真は山形の郷土料理。

11(変換後).jpg


2013-10-12

2ヶ月以上もブログあいてしまった・・・。
もはや読まれてるのかどうかも解らないがな(汗)。

前回書いた遊宴以降も、なんだか慌ただしい日々ですが、かいつまんで載せていこうと思います。

編曲やセッションでお世話になってる鬼才、啼鵬くんのCD発売記念ライブに参加しました。
写真はリハーサル中のショット。

1(変換後).jpg

ヴァイオリンNAOTOくんのバースデーライブ。懐かしのカバー曲満載で楽しいライブでした。

2(変換後).jpg

久々に映画音楽を。詳細いずれサイトで告知します。原発にからむ重いテーマでしたが、
やっぱり自分が好きな仕事だと実感。

3(変換後).jpg

久々にチェロ柏木くんのライブに参加。写真はリハーサル中のショット。

4(変換後).jpg

ヴァイオリン真部裕くん、チェロ村中俊之くんと、初の試み。
「古典研究会」。全編クラシックに挑戦。メンデルスゾーンのピアノトリオ含め、大変だったけど充実した。来年2月頃に第二弾を予定しています。

5(変換後).jpg

ドラム平井景くんバンドで、北海道をツアー。ギターは天野清継さん。
天野さんのギターはやっぱりスバラシク、そしてやっぱりMCは天然だった!!

6(変換後).jpg

ついでに景君のバンドでは、NAOTOも入って、もう一回ツアーもあり。
その時はサックスも吹いた。フルート坂上領くんから借りたマウスピースを使った千秋楽が一番良かった・・ように思う。

6.5(変換後).jpg

ギター越田太郎丸くんとのツアー。今ツアーの太郎丸の暴走っぷりは予想できたとはいえ、今後の発展が更に楽しみでもある(笑)。
演奏は毎回課題があって進化したり反省したり、有意義なツアーだった。

7(変換後).jpg

つづく。